一服いかがですか。 どうぞ、ごゆっくり・・・


by nakazawasoju

<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

お守り


5月21日、個人的に釜をかけた。

急遽、連休からスペインでのチャリティー茶会へ伺うことになり

道具組など何も考えないまま、出かけてしまった。

まずは、スペインで義捐金を集めさせて頂くので、そちらに集中すること

だけを心掛けたが、3日間の茶会を終えて帰りの飛行機で

このスペインでの出会いもあってか、自ずとこれからの茶の姿のようなものが

見えてきた。

今、一番大切なこと。

この東京で。

日々、悶々とした生活、節電や様々な不具合で思うようにいかない

もどかしさ、先の見えない不安感・・・


いまどきの茶の湯は、その敷居や、システム上の都合故にか

非日常的な空間ということであろうが、

これからの茶は、このような慌ただしい時間の流れ、生活の中で

誰にとっても自分を見つめなおす、他人との距離を測りなおす

非日常的な時間になることも大切だと感じる。



今度の茶会は、自分の周りの友人、知人に限られてしまうけど、

茶席に対する違う意味での不安感をいかに取り除き

謀殺された日々から自分の呼吸のリズムを

取り戻して頂く非日常的な時間になればと思った。

と言っても、たかが僕の茶会。

そんなたいそうなこともできないし、

あるがままにしか見せられない。

客を心地よくするのは亭主の力量。

そんなのない。

けれど、ないなりに、風のように共有する時間が流れ

少し心地よく感じたなあと思って頂けないのも

お呼びする方々にも失礼になってしまう。

そんな中での、お守り代わり。

席を見守っているような感覚が以前にあり、

それから何回となく待合に掛けさせていただいた軸。

今回は5月で節句というで、僕なりにも韻を踏んだように

逃げ道もできたかな、と。

曽祖父 2代目河原崎権十郎 弁慶隈取 

曽祖父については、母、3代目権十郎、この間永眠してしまった

山崎権一から少しずつ聞いただけ。

へえ、そんな人だったのかという感覚でしかないのだが

形見やこの面影などをそばに置いておくと

とても穏やかでいられる感がある。

と言うわけで、客人を巻き添えにして、待合にかけた。

みなさん、優しく、気を使っていただいて

時候に合わせていただいて。。。

あなたのストーリーが。。。

などと亭主思いのことをおっしゃって頂き、

こちらの方が、日々の疲れを癒されたようだった。

大勢の方に足を運んで頂いて、恐縮だったが、

主客の互いの存在が

一番のお守りになることに

気がつかされた。
a0219480_2351968.jpg

[PR]
by nakazawasoju | 2011-06-27 03:02
あけましておめでとう。。。

今年になってはじめて会ったフランス リール出身の友人。

座禅会、陶芸、書・・・日本在住歴も長いが、

日本への関心度、趣味も深い彼。

電話ではたまに話していたが、半年以上ぶりにあうと

自ずと、互いの状況説明、日々の考え方の変化などに

話の中心はいってしまう。

その会話の中に、彼らしい表現で、こちらの気持ちを

一気にひきつける言葉がでてきた。

震災、というより原発による帰国勧告の際の話。

彼の周りのフランス人は日本語ができる方は

日本のニュース、そう得意でない方は

ネットやいまどきの手段で、フランスないしアメリカからの

ニュースを情報源にしていたそうだ。

彼は、両方を常にチェックして、

冷静に事の成り行きを見てきたという。

それで、周りの友人の反応はどうだっったの?という

僕の問いかけに、日本のニュースなり、現状をしっかり把握

してないなあと思える人は、「やはり、帰るよ。

お前は本当に大丈夫なの?」という

やりとりになったね。

それが、帰る人、帰る人、同じような会話で。。。

彼に聞いてみた。

「みんなには、なんて答えたの?」と。

「新渡戸の武士道を読んだか?
 
 武士道すら過去の生き方かもしれないけど

 そのスピリットがあるからこの国は面白いんだと答えた。」

「色んな生き方、考え方があっていいわけだから

フランス人であるからもっと日本を知るために離れる必要はないと

考えている。」と淡々と答えてくれた。

日本をもっと知りたい・・・かあ。。。



北鎌倉東慶寺の上がったところにお住まいだった、鈴木大拙先生のところに

亡くなる少し前に、外国人が訪ねてきたんだ・・・という話を思い出した。


何かの取材記者が、同時に待たれていて会話を聞いていた。

外国人は恐らく禅、または大拙先生自身にご興味がおありになったのだと思う。

帰られた後に、大拙先生に記者が

「外国人に禅はわかるのでしょうかね?」と尋ねた。

大拙先生のお答えは、

「お前さんは、禅がわかるのか・・・」と。


んんん・・・。

素直な気持ちは、触れていると

美しいものだなと。。。


そして、本題へ。

互いに会話には出ないが、こころの中で

日本同様にフランスへの気持ちは熱い。

地方都市での日本文化デーを

茶会を中心に作れないかという依頼があるという話を

僕にしてくれた。

気にかけてくれて、感謝している。


茶だけでなく、長く続いてきたものが、スピドーが早すぎる社会の中で

あり方が急激に変化している。

まずは、ひとのあり方が。

本質を継承しながら、いまどきを生きる人に打ち解けるような

存在が、長く続いてきたものが持つ、ぬくもりや安らぎに

また、未来への好奇心に繋がる橋渡しになればと

個人的には思っている。

その橋の向こうがどこであっても

求められれば、なおさら橋をかけていきたい。

フランスは、パリは、またフランス人は、在住日本人含め

僕にも橋をかけてきてくれた。

その向こうには、実際に美しい橋があり。。。




a0219480_16522784.jpg

[PR]
by nakazawasoju | 2011-06-18 16:55

想い

あの日以来、色んな事がはかどらない現状の中で、

周りの方と同様、自分のできることを探した。

震災の時はパリにいたので、揺れのすごさ、パニックの東京は

この身で体験しなかったが、外から見ていて

そして、帰国して、日本がどういう国なのか

自分なりには垣間見た気がした。

そんな時に、スペインからメールがあり

このよなやりとりが始まった。

あちらで日本の現況を伝え、追悼するとともに

外国人が日本に再度いらしていただく日を願うべく

チャリティーで日本文化に親しんでもらう日を作ろう。

そして、この国の魅力を何か感じとって頂き、

その会3日間分の入場料、物販利益のすべてを

義捐金として日本へ送る、2段構えのことが

できたら・・・

という話が生まれた。

僕のようなつたないレベルで役に立つのかと、一瞬戸惑ったが

被災地だけでなく、「これからの日本を想う」という観点で

是非伺わせていただこうと、即決した。

普段お世話になっている、和菓子屋、お茶屋さん、友人

お弟子たちが、「是非自分たちの気持ちも連れて行って欲しい!」と

ありがたいことに、茶会で使うものを色々と寄贈してくれた。

「想いがひとつになる・・・」

何とも言えない暖かい感覚だった。



そして会期中、会場にいらして下さった方々、

ボランティアでのお手伝い、物販ブースをだしてくれたスペイン人

またフォローをして運営を助けてくれた現地日本人の「想い」と重なり合い

全てが繋がる。。。という感覚になった。


昨年、一昨年と5回ほど講義・茶会をさせていただいたスペイン アンダルシア。

今回はこの土地への「想い」も、僕にはうまれた。
a0219480_21301225.jpg
a0219480_21303749.jpg

[PR]
by nakazawasoju | 2011-06-12 21:35

Spain Malaga

小学5年生以来に、日記を書いてみる。

ブログって、日記とは違うものかもわからないけど。

なぜこんなに機械音痴なのかは、後で考えるとして

初めてのこの言葉は、震災3カ月目の今日、2ヶ月目に

Spain Malaga での地元による日本の震災への思い、

また、義捐金を日本へ・・・という趣旨催したフォーラム

での、スペイン人ボランティアスタッフ、市職員

義捐金を下さった全ての方への、お礼の意味を込めたい。

ありがとう。。。

3日間、本当に気のこもった時間を共有できました。

僕の気持ちをくんで、高野山真言宗 淡路 護国寺の三富くんも

ご詠歌を披露してくれるために、ボランティアで

ご同行してくれた。

本当にありがとう。

国を超えてだとか、人種、宗教を超えてなどとは

到底その真意は難しすぎてわからないけど、

大きな現場を頂いて、

そんな区切りがあったのか・・・と

あらためて我にかえる感じがするくらい

一体感があった。

・茶の湯 デモンストレーション
 
中澤 宗寿

・ご詠歌 読経

三富 良圓
a0219480_23304651.jpg
a0219480_23314542.jpg


・コーディネイト
 
ルナブランカ
[PR]
by nakazawasoju | 2011-06-11 23:33